2014年の暮れ

関西空港に集まった8人のツアー客を前に、
いかにも慣れた雰囲気の添乗員さんは言いました。

「皆さんはこれまでにも何度も海外旅行へ行かれていると思いますが、
残念ながらインドでは今までのようにはいきません。
時間が遅れたり予定が変わったりはしょっちゅうです。
そのたびに『どうなってるねん!?』とイライラしても、
お客さまご自身が疲れるだけです。
インドとはこんなものだ~とあきらめて、ご理解とご協力をお願いします。」


集まったツアー客は、こちらも旅慣れた風の年配客ばかり。
推定で私が最年少(これは後に正しい見立てだと判明する)。
ま、インドはそんなものだろうと、なんとなく納得顔でうなづいていると。


添乗員氏。
「さっそくですが、関空からの出発便が3時間遅れるそうです・・。」


attachment00


そもそも、ツアーの日程を見てみると、随分とゆったりした予定なのです。
時間通りにはいかないから余裕を持たせているのだろう、と
夫婦で話していました。
前もって予想もし覚悟もしていましたが、のっけからこんなことになるとはっ!?


RIMG1833

旅の初日は、時差も含めて、その日のうちにデリーのホテルに到着する予定でしたが、
結局、日付が変わってからなんとかチェックインということになりました。

デリーは霧が濃く、ツアー中ずっとそのままだったので、
そういうお天気の具合もあるのか、
その後もずっと、飛行機の遅れに悩まされることになるのでした・・。

RIMG1391